素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

緊急地震速報

気象庁が8日午後4時56分頃、奈良、大阪で最大震度6弱から7程度の揺れが起きるとする
緊急地震速報を発表した。

しかし、この地震は和歌山県北部を震源とする震度1以下の地震と判明
三重県南東沖に設置された海底地震計のノイズを地震の揺れとして
取り込み計算したことが、誤報の原因であったと説明した。 

気象庁は誤報であったとして謝罪した


NEWSでの街の声は

「揺れて速報が無いよりは、あって来ない方が良い」
「これから精度を上げてくれると良いですね」

という真っ当な意見の他に

「迷惑ですね」
「結局地震はこなかったのに大袈裟だ」

などと言う相変わらずのアホな意見もあった

いくら優秀な人とコンピュータを駆使しても情報をどう扱うかで結果は変わってくる
緊急地震速報が100%の精度で発表されることなど有りえない
揺れが起こるのが高確率で事前に分かるだけでも有り難いと思わなければならない



気になることはそれでけでは無い

今日の緊急地震速報を小生は会社で勤務中に聞いた
社内放送で地震速報がアナウンスされ小生は急ぐことなく歩いて屋外へ退避した
小生は7階建てビルの1Fが仕事場だ
地震速報から実際に揺れが起こるまでには数秒から1分ほどと幅があるので
一番短いと避難するのは余計に危険なため、棚などから離れ、机の下などに
避難するのが良いとされる。屋外への退避は揺れがおさまってからと言うことだ

しかし小生は1Fが仕事場でドアを開ければ5秒ほどで屋外に出ることが出来る
そのような環境であれば机の下などへではなくそのまま屋外に退避した方が
効率も良いし安全であるとも言える

しかし小生が屋外へ出ても他に避難してくる人は誰もいなかった
ややあってから数人がのろのろと屋外へ出てきたがそれでも1Fで仕事をしている
人数の1割にも満たない程度であろうか?
それから約3分後、誤報であったとの社内放送が流れ、小生を含む屋外に避難した人が
元の業務に戻った

結果は誤報であったので人的被害は0(ゼロ)であるが、しかし避難しないとは
どういう神経しているんだ?

業務に戻った時、屋内に留まっていた連中にどうしていたのかと問うたら
「普通に仕事をしていた」 とほざいていた。

もし震度5強とか6強が襲来していたら大変な事になっていたのだぞ?
そもそも推定震度5弱以上が予想される場合に発表されるのが緊急地震速報なのであるから
もうちょっと深刻に受け取るべきである

東日本大震災で大津波警報(津波警報(大津波))が出されていたにも関わらず
避難しなかった人が大勢いたのと似ている、逃げ遅れた人がどういう運命を
辿ったのかは周知の通りである

震災から2年以上が経過して緊張感がないのか?
何か我が国の国民性の縮図を見たようだった


...


もう一つTOPICがある

今年2013年8月30日から気象庁で開始される新たな警報システムがある

それは「特別警報」である

通常の警報よりも更に重大な災害が発生するおそれがある場合に適用されることとなっている

しかしそもそもこれまでの「警報」でさえ重大な災害の起こるおそれがある旨を警告しているのだが
天気予報や各種災害の予報の精度が向上し、雨の量や風の強さ、
台風であれば現在位置や進路・通過時刻などを事前に知ることが出来、ある程度の
被害の規模が漠然と個人で勝手に予測できるようになった弊害なのか、本来は重大な災害の
発生を警告し、避難を促す通常の「警報」では多くの人が重い腰を上げなくなり、
結果2011年の東日本大震災や紀伊半島豪雨で多くの犠牲者を出すことになった訳だ


つまり新設された「特別警報」の誕生経緯は通常の警報の意味を理解していない
アホ連中に事の重大さを認識してもらうためと言える

気象庁は表向きは口が裂けてもそんなことは言わないが、そう言う事なのである

では緊急地震速報も避難しない人のために将来は「特別緊急地震速報」を設けるか?
そんな事になったら世も末だな...


高確率で地震が来ると(無料で)言ってくれてるのだから、ちゃんと避難しろアホども



[追記] 2013.8.10
気象庁の発表によると、平成24年度の緊急地震速報の的中精度は
79%との事だ、8割近いとはかなりの高確率であると言える

的中の定義は、緊急地震速報により震度4以上を予想した地震について、
予想誤差±1以下におさまる地域の割合となる


スポンサーサイト
2013-08-08 : 防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる