素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

米軍ヘリ墜落についての考察

沖縄県の米軍基地キャンプ・ハンセンで2013年8月5日、米軍のヘリコプターが墜落し
乗員1人が行方不明となった事故


TV局をはじめとするマスコミは無理やりMV-22オスプレイに関連づけて騒ぎすぎである


まず第一に墜落したのはオスプレイではなく嘉手納基地所属の救難ヘリHH-60であるし
墜落した場所も訓練中の米軍敷地内である

TVではお約束の基地周辺の県民の声が流れる...

「落ちないようにしっかり気を付けて貰いたいですねぇ」

アホか?


落ちたくて落ちるヘリなど無いわ
軍隊のヘリに新幹線のような安全性を求めるのは無理というもの

民間の飛行機や鉄道は顧客のために安全第一で運行するのが前提で
悪天候の場合は自主判断で欠航させることも出来る

しかし軍隊の場合は、たとえメンテが不十分でも、たとえ視界が悪くとも、
たとえ(撃墜される)危険があったとしても飛ばさなければならないケースは
絶対にでてくるし、安全が担保されている訳ではない

たとえば入念に準備をして2011年5月2日実施された同時多発テロの首謀者とされる
オサマ・ビン・ラディンの暗殺(海神の槍作戦)に使用されたステルス型UH-60ブラックホークヘリでさえ
揚力を失い作戦中に墜落している

2009年9月11日には北アルプス穂高でもベテラン操縦士が操縦する県防災航空隊救助ヘリが
救助中に墜落している
つまりヘリとは落ちるものだと考えなければならない乗り物なのである


過去の経験から戦闘で指揮官としてこれはやってはイケないというセオリーがある
幾つか挙げると

・戦力の逐次投入
・戦車の単独運用
・伸びきった補給線
・真昼のヘリボーン作戦

などだ

最後のヘリボーンとはつまりヘリコプターを軸にした作戦のことであるが
ヘリというのは同じ航空機でもジェット戦闘機とは違い速度が遅い
超音速戦闘機の最大速度はマッハ2.5を超えるが、ヘリは物理的に400km/hを
超えられないし、ホバリングして部隊を降下・収容する時は静止しているので
敵のゲリラからすると恰好の的である

クリントン政権下の1993年、ソマリアの首都モガディシュで米軍は
敵のソマリア民兵を舐めてかかり真昼間にMH-60Lによるヘリボーン作戦を強行して
原始的なRPGミサイルでバタバタと撃墜され米軍の死者は18名に達した

ではなぜヘリの運用は夜なのか?
当たり前だが暗く発見される危険が少ないからであるが、もう一つは西側正規軍と違い
ゲリラの場合多くは高級品である暗視装置を持っていないので、逆に暗視装置を装備している
ヘリや機械化歩兵に決定的なアドバンテージがあるからである

しかし夜だから何でもかんでも有利という訳ではない
もし強襲するのが敵の基地であれば対空レーダーもあるだろう
ヘリが通常の高度で飛行すればかなり遠くからレーダーに捕捉されてしまう
それを回避するには出来るだけ地面スレスレに飛行して近づく必要があるが
暗視装置があるとは言え市街地や森林地帯での超低空飛行は障害物に
衝突して墜落する危険が高くなる
なので地上作戦を行うヘリにとり、普段から夜間に超低空で飛行する訓練は不可欠なのだ


「実戦に近い訓練と訓練に近い実戦」が理想なのである


墜落したHH-60は戦闘地域での捜索救難を目的としたヘリである
つまり危険地域で行動するのが主任務だ
今回沖縄で墜落したHH-60もこういった意図の延長線上の訓練飛行中であったことは
容易に推測できる


日本人が考えなければならない事がある。このHH-60は東日本大震災での「トモダチ作戦」で
被災地で救助活動を行っていたことだ

今回の事故では米兵一人が死亡したようだが、これら普段からの米軍の訓練・犠牲の上に
高い練度が維持され、被災地で生かされていた事をマスコミは伝える義務が
あるはずだが、米軍ヘリが墜落したとみるや鬼の首を取ったように騒ぐのは
恩知らずにも程がある

それに沖縄の民意と言われる報道や沖縄の主要新聞には赤い影が見え隠れすると
感じているのは小生だけではあるまい

沖縄の新聞はトモダチ作戦さえ否定的に報道していたからなぁ


TVの報道は嘘は言わないが、極めて一方向から見た情報しか提供しない点で
確信犯的に世論を操作していると言える
それを見破るには多角的な知識と情報を得ることが重要だ


これは一般に「メディア・リテラシー」と呼ばれる

マスコミの報道に踊らされてはならない



〔追記〕 2013.8.13
昨日NHKのニュースの中で、今回の事件を受け岩国基地から普天間基地への移送を
見合わせていた12機のオスプレイの残りの9機を追加配備した旨報道があった
残る1機も近く普天間へ移る見込みで、昨年配備された12機とあわせ24機態勢となるようだ

NHKの夜のNEWSには視聴者が投稿したツイッター?のコメントが随時テロップで
画面下に流れるが、見ていて情けなくなる様なコメントが多い
少し紹介しよう

①「米軍は傍若無人という言葉を知っているのか?」

②「ヘリ墜落の原因が解明されていないのに何故?」


①について、まず米軍はアメリカ人なのだからそんな四字熟語など知るまい
 それに県民感情に配慮して岩国からの移送を一時停止していたではないか?
②なぜ他の機種のヘリが墜落した原因がオスプレイの配備と関係ある?
 原因と言ってもどんな状況で起きたのか?つまりどのような訓練をしていたのかを
 公にしろと? ...アホか? 敵に手の内明かしてどうする。防衛機密だろうに

では1件のヘリの墜落事故が起きたとして、全ての在沖縄米軍のヘリを
飛行停止にでもしてみろ
そこをついて奇襲されれば沖縄県民20万人が犠牲になるのだぞ?

沖縄県民には同情するが、国土の末端の守備を強固にするのは安全保障の常識だぞ
そうでなければ有事の際に沖縄は敵の侵攻を易々と許し、民間人は第二次大戦末期の
ソ連が侵攻した満州のように悲劇的な運命を辿ることになる

ご存じなければ、ソ連侵攻後の満州の在留邦人について一度調べてみると良い
考えが変わるぞ?


スポンサーサイト
2013-08-10 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる