素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

MINIMAGLITE 2AA 自作ディフューザー

MINIMAGLITE(ミニマグライト) 2AAのLEDモデルはクリプトン球の頃と比べると
頭(ヘッド)が大きくなったと文句を言う人が多いが、基本デザインとしては
共通しており小生は嫌いではない

MAG 2AA Fr View
              MINIMAGLITE LED 2AA


ただより明るいLEDライトは他に数多くあり、ミニマグライトが小生の中核に
据えられる事はない

現在主流の高ルーメンライトとミニマグライトを同じ土俵で勝負させても
結果は火を見るより明らか!
しかし「飛び」で敵わないのなら別の用途に活路を見出せば良い
具体的には近接用途に特化させようと考えた

ミニマグライト 2AAの明るさにはHi・Lowの2つのモードがあるが
一流のフラッシュライトだけあってLowでもそれなりに明るい
しかも狭角の中心光が発生する


ミニマグライト LED 2AAの配光参考記事


一応ヘッドの回転でフォーカス調整できるようになってはいるが
あまり適宜に調整できるとは言えず、ヘッドの回転はON/OFFがメインで
フォーカスはおまけ程度と考えた方が良い
中心光と周辺光の輝度があまり激しいと近接用途には不向きである


ミニマグライト2AAの風防はクリアな樹脂製ですが、ベゼルで上から押さえて
装着する構造になっています
今回このレンズを光を拡散させるディフューザータイプに自作交換することにより
近接用途の性能向上を図りたいと思う
(元レンズ自体に細工を加えてオリジナルに戻せなくなると困るので別に自作する)


使用するのは厚さ1mm程度のアクリル板です
ホームセンターで長辺30cm程度のものが数百円で販売されています
小生の場合は、諸事情あり無料(タダ)で入手した

diffuser board
                 使用するアクリル板

上で捲れ上がっているのは保護フィルムです
写真の様に右の部分を目の細かい紙ヤスリ(サンドペーパー)で丁寧に磨いた

diffuser 1
                 研磨した部分の拡大視

磨りガラスのようになるまで両面を研磨している。あまり綺麗ではないがこれでOK
1方向だけに研磨して筋ができると拡散配光に影響するので、均等に8方向に研磨してある
ちなみに使用したサンドペーパーは「100」だった


研磨した部分から必要な大きさにカットする

diffuser cut

左がカットしたアクリル板で右のはオリジナルのクリアレンズ
真円にはカットできなかったが、結局ベゼルで押さえて装着するので問題は無い
奥の部品は説明するまでもないが外したベゼルとリフレクターです


さっそく装着してみる

MAG2AABeforeAfter.jpg

左がオリジナルで、右のが今回自作したディフューザー

MAG 2AA diffuser

点灯させ前から見るとこんな感じ 拡散されているかな?


照射比較してみます


距離 1.5mで救命胴衣を照射します


まずはオリジナルのクリアレンズ

original syosya
               クリアレンズ(オリジナル)


中心光が強すぎてあまり見易い配光でなないですね
そもそも照射角が狭く周辺光で照らされている所とその外側の暗い部分との境界が
かなりハッキリしています


次は今回自作した自作ディフューズレンズ

diffuser syosya
               自作ディフューザーレンズ

違いは明らかで、中心光・周辺光の境がない均一な配光です
ディフューズ効果で柔かく見易い拡散光となり照射角も倍以上になりました
予想を超える効果に自分でもビックリです

また材料費は¥0で、作業時間も10分ほどだった


ディフューザーを装着したことにより「飛び」は犠牲になりましたが
今回それ以上に利用価値のあるより均一な配光が得られた
何十mも先までは光が届かないが、それでも10mくらいは
実用的な明るさが得られるので日常で不便に感じることもそう有るまい

夜間の散歩にも最適ではないだろうか?
(小生散歩の趣味はないが...)


カスタムというには大袈裟で烏滸(おこ)がましい、「プチ改造」といった所か?


スポンサーサイト
2013-08-11 : MAGLITE(マグライト) : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
はじめましてタロウと申します。
自作ディフェーザーいいですね!!
配光がとても見易いものになりますね。
自分もトライしてみます!!
2014-11-08 17:43 : タロウ URL : 編集
タロウ さん こんにちは

ディフューザーは記事のようにアクリルを研磨して磨りガラス状にしても良いですが、
LEDは発熱が少ないので、障子紙や習字の練習用和紙をリフと純正風防の間に挟んで
てっとり早く済ますこともできるかもしれませんね



2014-11-08 23:20 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
No title
>肥後ノ守さん
和紙を挟むのは、加工の容易さ、コストの面でとてもお手軽でいいですね!!
味がある配光になりそうですね。
実はコメントした後に、紙やすりの600番と320番で、表のみと表裏両方と削った物で試してみたのですが、配光具合が微妙に変わりますね。
自分の気に入る配光を求め、色々試して遊びたいと思います!!
そういえば、自分も円形に綺麗に切り抜く事が出来ず、ネットで調べました所
サークルカッターなる道具があるそうです。
有名所ではオルファなどが作っており、アマゾンでは自分が確認した時で300円位で売ってました。
ご参考までに!!
2014-11-09 15:10 : タロウ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。