素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

配光について

前回の記事でフラッシュライトの配光について少し触れましたが
今回は具体的に例を挙げて説明したいと思います

まずは以前ネット通販で購入したノーブランド多機能防災ライト

DinamoRadioLight111.jpg

・電池が必要ない手巻き(ダイナモ)充電
・ソーラー(太陽電池)でも充電可能
・サイレン
・FM/AMラジオ
・携帯への充電機能

まさに防災ライト、これだけ欲しい機能がテンコ盛りなら素人には
願ったり叶ったり!

さてその配光は?

DinamoRadioLight3.jpg

お世辞にも綺麗とは呼べない配光ですね...
1mくらいの距離で白い壁に向かって照射しています
メイン機能のライトの実力がこれでは、いくら多機能でも萎えてしまいます
まさに安物買いの銭失い
ちなみに値段は3000円くらいだったと思います

原因を探ってみます
DinamoRadioLight2.jpg

上の写真はライトを正面方向から見たところです
砲弾型のLEDが3つ三角形に配置されています。周囲にリフレクター(反射面)も一応ありますが
恐らくただ付けただけで配光テスト及び改善はまったくやっていないんでしょうね

では次のライト
SUNWAYMANのR20Aです
単三電池を2本使用し、外装はアルミ製、MAX180ルーメンを誇ります
SUNWAYMANは一流ブランドのひとつなんですが、これは4000円弱の廉価なモデルです

R20A sai

どうでしょう?
違いが分かるかと思います
同じく1mの距離から壁に向け照射しています
強い中心光の周囲に周辺光が発生するタイプの配光です
強い中心光は遠くまで光を照射し、周辺光でその外周や足元などの
状況を確認することが可能です。屋外で真価を発揮するタイプのライトです

どちらが見やすいかは一目瞭然でしょう
最初に紹介した防災ライトの配光はとてもじゃないが長時間の使用には耐えるとは思えませんね
まさに「無いよりマシ」というぐらいでしょうか...

貴方ならどちらを購入しますか?



〔追記〕 2016.5.7

ただ部屋に置いて保管してただけですが、多機能防災ライト
のソーラー電池は使えなくなりました


スポンサーサイト
2012-10-01 : ライトの基礎知識 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

購入するライト
どちらを購入しますか?って質問をしたら「自分は多機能ライトかな、ラジオが付いて、携帯充電出来るし、なにより乾電池が要らないから安心だし経済的。」って答える人が多いんだろうな。

でも、何回か使うと何処かしらが壊れるんだよね。
発電ハンドルが折れるか取れる
ラジオアンテナが折れるか取れる
各種スイッチが動かなくなるか取れる
クリアカバーが割れるか取れる
ちょっとした衝撃で接触不良発生
しばらく使わないと充電池が液漏れなど


多機能ライトはライトマニア上級者でもない限り使いこなせない。
2016-03-21 00:23 : ヤナセ URL : 編集

「何でもできる」って謳い文句のモノって実際その時になると
「何にもできない」んですよね

しかもそれに気づくのは被災時という無情...
2016-03-22 20:11 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる