素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

FENIX E25

小生は何個かのフラッシュライトを持っていますが、その中でこの一年を通じて
一番使用頻度が高かったのはこのライト

E25 FrView
                   FENIX E25


それは何故かというと、以前に紹介したナイトアイズのホルスターとのセットで
休日にはいつも腰にE25を装着して出かけているからです

このホルスターはベルトに装着するのですが、激しい運動でも脱落することもなく、
必要な時に直ぐに取り出せ、好きな方向にライトを向けることが出来るので
非常に使い勝手が良い

なぜE25を使っているのかですが、それはこのライトが順手持ちの操作を前提としているからです
ホルスターに挿入した場合に逆手持ちライトは点灯がテールスイッチ操作であるため
不可能ではありませんが、迅速な照射に難がある

その点E25はヘッド手前のサイドスイッチで点灯とモード変更が出来、問題なく
使用可能なのです


・諸元

LED  Cree XP-E LED
Hi   187lumens 2.3H
Mid  90lumens  6.25H
Low  27lumens  26H

防水性能  IPX-8
使用電池  単3電池×2本
サイズ  146mm×24mm (全長×ヘッド部)
素材   エアーグレードアルミニウム製 Type3HA
重量   約75g (電池含まず)
価格     3000円前後


E25 SideSW

点灯/消灯とモード変更はサイドスイッチで行います
このスイッチは恐らくLD22やE50と同じものでしょう

0.5秒程度の長押しでON/OFF、クリックでモード変更になります
このライトはFENIXでも廉価な部類ですが、モードのメモリー機能があるので
消灯したモードで次回再点灯可能です

E25 RrView

順手持ちのライトなので当然テール部にスイッチは無く、リブが立っているのみ
しかしその恩恵で安定した自立ができます

E25 stand2



E25 bunri

電池の装填はヘッド外して行いますが、テール部は分離しません


普通に使う分には気になりませんが、このE25のランタイムテストをした際に
中の電池に液漏れが発生しました
電池を取り出してライト内部を清掃したかったのですが、漏れた液の固着と電池が膨張して
振っても叩いても電池が出てきませんでした
結局電池はお湯をいれたりして何とか取り出しましたが、やはりライトはヘッドとテール部の
両方が外せないとメンテナンス性に難がある事を再確認させる出来事でした...↓


液漏れに関して、ランタイムテストでは電池の消耗に比例して照射される光も
暗くなり、最後には消灯します
しかし暫く休ませるとまたLow程度の明るさで点灯できるようになります
これはライトの方の問題ではなく電池の特性です
E25でも同じように電池が消耗した状態で消灯と再点灯を繰り返していたら
液漏れが発生しました
ライトの方に問題があったのではなく、恐らく電池の容量がほぼ0の
状態で昇圧させようとした際の負荷で液漏れが発生したのだと想像します
また使用していたコダックの単三電池にも問題があったと思います
以前から感じていたことですが、コダックの電池は使い切った後、ほぼ半分の確率で
液漏れが発生します
(これは備蓄の電池がコダックからPanasonicに移行したのに繋がっている)



E25 hoji

順手で持つと自然と親指の位置にサイドスイッチがきます

シンプルな外観ですが、2AAの長さも相まってグリップ感は良好です

ボディにはローレットが刻まれており滑りにくくなっていますが
細かいところでローレット加工してある部分に外周計4か所に30mm程の
細長い段差(スリット)が設けられています
保持した時に中指と薬指がここに掛かりグリップを向上させています

E25 roreto
                 ローレットとスリット


このスリットやガラス風防など廉価品でありながらも造りに手は抜いていないと
感じさせます

こう言ったところが中華製品でありながらも近年躍進している原動力なのかも
しれません、こういう良い所は日本製品も見習わなければなりません


それでは照射テスト 距離10m


E25 Low1
                   Low 27lm

E25 Mid1
                   Mid 90lm

E25 Hi1
                   Hi 187lm


Lowモードの明るさって人によって好みが分かれますが、結構重要なんですよね
Lowの明るさとランタイムでライトを選ぶ人も居るくらいですから
小生としては2AAであれば10lm前後で30~50時間程度欲しいところです
なのでE25の27lmで26Hというのは小生にとっては少し「明る過ぎ」と感じます

FENIXのライトはどれも共通して狭角の中心光が発生します
なので飛びに関してはルーメン値以上に感じるので、近接用途のLowモードは
もっと低ルーメンでも良いと感じるのです


Midの目安は100lm 10時間ですが、E25は90lm 6.25Hです
なので満足はしていませんが、なんとか及第点かなぁという感じ
Lowと比較すると格段に明るく飛ぶようになります


現在の基準からするとHiモード(若しくはブースト)は200lmは欲しいところ
NITECORE MT2Aなどは280lmでも2Hを超えるランタイムがありますから
それらと比較すると物足りなく感じます
しかし他を知っているからそう感じるだけであり、一般的な視点で評価すれば
必要十分の明るさではありますが...


E25を使っていて、唯一の不安な点はサイドスイッチの耐久性でしょうか?
FENIXでサイドスイッチを搭載しているのはまだ新しいモデルが多いため
その強度・耐久性は未知数です
現在でも接触の悪さをうかがわせる反応が稀にあるので
余計に心配です

LD22では点灯はテールスイッチでサイドスイッチはモード変更に
使用するだけですが、このE25は点灯もサイドスイッチですから
不具合が発生すれば点灯・消灯自体が出来なくなる
これはライトとして致命的となり得ますからね


E25はストロボとかSOSなどの普通の人にとってあまり必要のないモードを廃して
万人に使い易いライトに仕上がっていると思います
(点滅はともかくSOSは受け取る側がモールスを知らないと意味が無い)

トータルで見れば価格・操作性・パフォーマンスとバランスの良い
優秀な部類のライトと言えそうです



う~ん ライトのレビューをするといつも長文記事になるなぁ

最後まで見て下さった方、ありがとう御座いました (&お疲れ様でした)


[追記]2014/4/29
E25にBurst機能搭載モデルが登場しました
明るさ260ルーメン 搭載LED/Cree XP-E2
実売3700円前後



スポンサーサイト
2013-09-01 : FENIX : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる