素人の素人による素人のためのフラッシュライトBlog

2020年 東京オリンピック開催決定

9月7日(現地日時)、ブエノスアイレスで開かれていたIOC総会で
2020年の夏季オリンピックの開催地が東京に決定した


東京は3度目の招致で念願の開催地を勝ちとった
ただ五輪招致については、これ以前の石原都知事時代から
批判的な世論が多かったが、2012年のロンドン五輪による感動で
国民の支持にも少し変化が出たように思う


オリンピックの開催ともう一つ、万国博覧会(万博)の意義ついて、
政治的なレベルで考察してみる

スポーツと政治は本来切り離して考えなければならないのは
勿論大前提としてあるわけだが、それは建前で背後では色々な
駆け引きがあると言われる


まずオリンピックを開催するという事は、自国の治安や経済状態、国力を国際的に
アピールするという意義が大きい

日本で最初の夏季五輪は1964年の東京オリンピックだ
これは日本の戦後復興と経済成長を国際的に印象づける効果があった
さらに6年後の1970年には大阪万博も開催されている

この頃の日本の経済発展は目覚ましく、日本は1976年のG7(主要7か国蔵相・中央銀行総裁会議)の
発足当時からのアジア唯一のメンバーでもある

かたや日本の周辺の国で次に夏季五輪を開催するのは韓国で
1988年のソウル五輪であり、東京から遅れること24年だ
これをもってソウルが東京と肩を並べた訳ではないが、戦後世界最貧国の
ひとつとも呼ばれた韓国が五輪を開催できるまで発展したことを
国内外に知らしめるには十分な効果であったであろう
また韓国では2012年に麗水万博が開催されている


次の東アジアでの夏季五輪は2008年の北京五輪まで時代が下る
開会式での口パク少女が問題になったあの五輪で未だ記憶に新しい
中国にとってはかつての属国(今もか?)の半島国家にオリンピック開催について
先を越されたことは宗主国として大きなコンプレックスだったに違いない
ただ遅ればせながら夏季五輪を開催できた事と、GDP第二位になった事で
このコンプレックスも少しは和らいだか?

ただ万博の開催は2010年で中国の方が韓国より2年早い(上海万博)
この時はテーマソングが岡本真夜のパクリだった


日本の世論では

「今の時代にオリンピックを開催する意味あるの?」

「そんな事に税金使うくらいなら被災地にまわせ」

「東京で開催されても私は見にいかない」


などの街頭インタビューをよくTVで目にした


これらは個人の意見としては、小生も丁重に聞き入れるが、政治レベルでは
まったく間違った意見であると感ずる


つまりは東京(もしくはそれ以外の日本の都市)がオリンピックの招致に手を挙げなければ
次に東アジアで2度オリンピックを開催するであろう最初の国は中国か韓国に
なるであろう事は容易に想像がつく
もし中国となれば東アジアの盟主は中国となり、事実であるかは別として
日本の凋落を世界中の人に認識させることにもなりかねない

夏季オリンピックの招致というものは税金とか経済効果とかお金の問題だけでなく
そういう政治的な色もおびているのである


またもし上海や重慶でオリンピックが開催されれば東京1回の日本に対し今にも増して
上から目線の高圧的外交を展開するであろうし、韓国にしてもよりピーチクパーチク
言いがかりをつけて、竹島に奈良の大仏よりも大きな慰安婦像を建立しかねないぞ?

中国と韓国をこれ以上調子にのらせないためにも、東京での二度目の夏季五輪開催は
重量なことなのだ

2020年の東京オリンピックは増長する中国・韓国に打ち込む楔(くさび)なのである


さて、オリンピックの開催地については、前提として「大陸間のバランスをとる」と
いうのが暗黙の了解としてある

最近の夏季五輪の開催地だが

1980年 モスクワ(旧ソ連)
1984年 ロサンゼルス(アメリカ)
1988年 ソウル(韓国)
1992年 バルセロナ(スペイン)
1996年 アトランタ(アメリカ)
2000年 シドニー(オーストラリア)
2004年 アテネ(ギリシア)
2008年 北京(中国)
2012年 ロンドン(イギリス)

東欧 → 北米 → 極東 → 西欧 → 北米 → 豪州 → 西欧(近東より) → 極東 → 西欧

そして2016年はブラジルのリオに決定している

見事に地域のバランスが取れている
アフリカにはそこまでの経済力の国は無いという事か


そう考えると前の招致で東京が2008年の北京五輪の影響で苦戦したのも理解できるし
今回マドリードが昨年のロンドンの影響を受けているのも分かる
どちらも地理的に海を越えて直ぐのところに位置しているので
大陸間のバランスを取るという観点から分が悪かった

実際今回のIOCの2度目の投票では次回はヨーロッパでの開催を狙う
マドリードなどのヨーロッパ票が日本に流れてイスタンブールに大差の
勝利に繋がったと言う報道もある
水面下での駆け引きがあった訳だ

昨日の敵は何とかに似ている...


2020年に東京でオリンピックが開催されるという事は、少なくともその後8年か12年は
普通に考えれば極東地域では夏季五輪は開催されないことになる

2032年、その頃には世界情勢も変化して中国は大国でなくなっているかもしれないし
新興国のベトナムやタイでオリンピックが開催される運びに
なっているかもしれない

「平和の祭典」には色々考えさせられる



余談だが、2005年の愛知万博の開催成功をもって名古屋市民の一部は
大阪と「肩を並べた」と勘違いしている輩が大勢いる

五輪や万博にはそう言う魔力があるのかもしれない



[追記]2013.9.9

そうそう東京で五輪開催が決定したという事は、中国にとっては尖閣諸島へ
うかつに手を出せなくなったという事実もある
何しろ「平和の祭典」である。何かモメ事を起こせば北朝鮮がソウル五輪妨害の
目的で実行した1987年の大韓航空機爆破事件と同列に扱い、世界は中国を非難するであろうし
五輪開催中にでも武力による実力行使をしようものなら、東京に集まっている世界中の
メディアが一斉に報道し、中国は一夜にして国際的ヒール(悪役)に転落するのは
目に見えている
韓国にしても世界中での慰安婦像設置はこれからは五輪ネガキャンにしかとられなくなる
(最近はうまくいっていないようだが)

そう言う事情もあり、中韓はどうしても日本で五輪開催をして欲しくなかった訳だ


スポンサーサイト
2013-09-08 : その他 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんにちは!

真面目に読んでいたので
>この時はテーマソングが岡本真夜のパクリだった
で笑いましたwww

今回の投票は圧勝しているので、外交面でも各国に相当な活動があったのでしょうね。
2024年の立候補予定都市は強豪揃いなので、今回決定して本当に良かったです。

競技場の一つが以前住んでいた家から3分の距離にあるのですが、まわりが団地と民家しかなく道路も狭いので、あの場所でオリンピックというのは全く想像がつきません。

前回落選した時は、メディアでは膨大な招致費用が無駄になったと散々批判的な報道をしていましたが、今回はどういったネタで釣ってくるのやら。
2013-09-09 00:49 : ZAN URL : 編集
No title
こんにちは ZANさん

賛否はあるかと思いますが、開催決定した訳ですから
恥ずかしくない大会になるよう、官民一体で努力して
貰いたいものですね
何にしても2020年の夏には世界中の目が日本に注がれる
のですから

しかし2020年の東京五輪の時の自分の歳を考えると
少しギョっとします(^^;
2013-09-09 19:33 : 肥後ノ守(ひごのかみ) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

肥後ノ守(ひごのかみ)

Author:肥後ノ守(ひごのかみ)
_ _ _ _ _ _ _ _ _

趣味で収集した懐中電灯の紹介、
その他、防災や登山、写真に
ついてのブログです

フラッシュライトの購入を検討されて
いる方の参考になればと
思いブログをはじめました

紹介するライトは単三電池を
使用するものが主です

検索フォーム

カウンター1

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる